So-net無料ブログ作成

頭皮ベタツキの悩みは花シャンで、すっきり [ヘアケア]

きちんとシャンプーを行っているのに、翌日には頭皮のベタツキが気になってしょうがありませんでした。肝心の髪の毛は、乾燥気味なのになぜ、地肌だけが脂分たっぷりなのでしょう。

「花しゃんというシャンプーがあるよ。」と友達に教えてもらい調べてみましたら、シャンプーをしているだけで毛穴が詰まることがあるって、花シャンのサイトに書いてありました。 ⇒ 自然派シャンプー『花しゃん』

恐ろしい。

シャンプーをして頭皮を清潔にしないから、汚れや皮脂が毛穴に溜まり、行き場を失った脂が、頭皮をベタベタにしているのかと思っていました。でも、シャンプーしても毛穴を詰まらせる原因があるんですね。

シャンプーで毛穴づまりをおこさせる原因は、脂肪酸カルシウムというものです。
水道水のカルシウムと頭皮の皮脂からでる、脂肪酸が結びついてできる物質で、洗浄力はありませんが、毛穴に溜まっていきます。

頭皮は顔とは違って、髪の毛や帽子などで外気に触れることが少ないので、細菌やバクテリアの繁殖しやすい環境です。
顔以上に使っている成分が、肌に害の無い低刺激のものを選ばなくてはなりません。

頭皮のべたつきが気になり始めたら、頭皮環境が悪化が進行しなうちに毛穴の詰まりをとることです。頭皮環境に負担がかかっていなかったら、育毛や発毛も促進してくれますので、薄毛予防にもいいのです。
栄養も髪にいきわたりますので、髪自身の艶やハリにもなるんですよ。

ハナシャンは、毛穴に詰まった脂肪酸カルシウムを取り除くために、活性ポリ乳酸を配合しているシャンプーなのです。お腹に良いと言われている乳酸菌を、肌にも応用することで、健康な頭皮環境を作ってくれます。

また、頭皮がべたつく原因は、洗浄力の強いシャンプーということもあります。熱すぎるお湯や、力を入れて強い摩擦を繰り返すのも、地肌に負担がかかります。荒れた肌、カサカサになりがちな肌を、地肌が守ろうとして皮脂をドンドン分泌するからです。

シャンプーはできるだけ低刺激なもの、頭皮の乾燥を引き起こす、石油系界面活性剤は特に気をつけなくてはなりません。

花シャンは、石油系界面活性剤を使用してない、アミノ酸系シャンプーです。アミノ酸は、髪を作っているタンパク質の元となる成分ですので、疲れた髪も元気にしてくれる良い成分なのです。

頭皮のことと、髪のことを考えたシャンプーであることが理解でしましたので、自然派シャンプー花しゃんを一緒に使いましょうか?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

転職情報サイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます